住宅ローンを実際に申し込む前のチェックポイント

住宅ローン審査や繰り上げ返済?

“家が欲しい!” そう考えてから、結構な年月が経つ。 そのあいだ、住宅建築やマンションについてはもちろん、 オカネについてもイロイロ調べてきた。住宅ローンもそのひとつ。住宅ローンはムズカシイ。 と思っていたけれども、 調べてみたら、やっぱりややこしい。借りてからもムズカシイ、審査もあるし、 というのは、返し方もひとつじゃないから。

繰り上げ返済という方法もその方法のひとつで、 返済中の住宅ローンの一部を、 途中で追加返済する方法。住宅ローンって、やっぱり金額が大きいだけに、 利息もかなりの金額になってるから、 ずっと払ってても、元金が意外に減ってなかったりするらしい。そんな中、繰り上げ返済で、元金事態を減らすコトで、 支払利息を軽減する効果があるという。

しかも、出来るだけ早いうちに繰り上げ返済した方が、 本来払うはずだった利息も減って、 効果も大きくなる。 だって、利息は残りの元金にかかるから。ただ、日々の生活もあるから、 安くなる→じゃあ返そう! とはなかなかいかないよね。。返せるオカネがあれば最初から借りないワケだから。こうなってくると、最初に借入契約する時にも、 手元にあるお金すべてを頭金に、 とかは避けたほうが良さそう。

子供の成長とか、親の事とか、 仕事やそのほか車の購入とか。 いろんなライフプランとの関係によって、 余裕がある時があれば、繰り上げる、 くらいに考えておいてもいいかも。 方法の一つとしてね。人生には、いろんな選択肢があった方が楽だしね。

 

住宅ローン借り換え大作戦! 意外と掛かる諸費用対策!

さまざまな金融機関のプランを比較して、最初に目に付くのは当然、利率ですよね。低いプランへ変更するのは、確かに得なんですが、意外と多くの金額が掛かるのが諸費用なんですよ。住宅ローンの借り換えといっても、新規にローンを組むことなので、初めて住宅ローンを組んだ時と同様に、ローンの諸費用がすべて掛かってくるんですね!

諸費用には、借り換え前のローンの抵当権抹消費用、団体信用生命保険料、登録免許税、ローンの保証料、司法書士手数料、印紙税、火災保険料、事務手数料などがあります。金融機関によって金額は異なりますが、数十万円は掛かります。

特に、ローンの保証料が諸費用の金額を大きく左右するのですが、保証料だけで数十万円という金融会社もあれば、保証料0円をウリにしている金融会社もあります。一概にどちらが得なのかは断定できません。
だからこそ、事前の下調べがとても大切になってきますね。借り換え前のローンの抵当権抹消費用では、諸費用とは別に、司法書士への報酬を請求される場合もあります。

さまざまな金融機関で特色あるプランを提供していますが、どんなにお得と謳っていても、デメリットもあるということですね。また、諸費用は借り入れ金額によって変わってきます。借り入れる金額が大きくなるほどに、
諸費用の金額も比例して大きくなっていきます。住宅ローンの借り換えをする時は、金利ばかりに気を取られず、借り換えに掛かる諸費用も含めた返済総額をアタマに入れて検討することが大事ですね。

http://www.coventrymortgageservices.co.uk/住宅ローン金利比較/

 

住宅ローン借り換えを考える、借り換え審査のポイント

住宅ローンを申し込んだ時の、ローン審査。通るかどうか、緊張しましたよね!何か自分を社会評価されているみたいで、変な気持ちになったのを覚えています。住宅ローンの借り換えにも、ローン審査があるんですよ。

住宅ローンの借り換えは、現在のプランから別のプランへと変更するのではなく、新規の金融機関から融資してもらい、現在、借り入れしている金融機関へ返済していくということです。ですから、新規ローンを組んだ場合と同じように、ローン審査があるというわけです。

といっても初めて住宅ローンを組むわけではないのですから、審査基準が緩くなるか、というとそうでもないようです。新規ローンでの審査基準は、年齢や年収、勤続年数、過去の返済延滞
などが挙げられます。しかし、借り換えの時に審査される項目は、個人情報はもちろんですが、物件の審査や評価、物件の価値に対する融資金額の比率など、物件に関する審査が大きくしめてきます。

物件の評価で、もし担保割れになった場合は、頭金が必要になってくることもあるそうです。
ただ、現在の評価額の約1.2~1.3倍まで可能というケースもあります。住宅ローン借り換えの時に、物件の審査が行われるのには、現在の不動産価値の下落による、担保割れが原因の一つに挙げられるようです。

ただ、近年は物件の審査基準を軽減する金融機関も増えているということです。さまざまな金融機関で特色ある住宅ローンの借り換えプランを提供しています。審査に通らなかったからと諦めず、何度でもチャレンジして、明るい未来を手に入れたいものです。

 

知っておきたいマイカーローン審査の基準

ローンと一言で行っても、一般的にはローンによってその使い道が指定されている事が多いです。用途が指定されず、自由に使用することが出来るローンについては、融資金額が限定されており、さらには利息が高くなる傾向があります。住宅ローンはマイホーム購入やマンションの購入などに限定してローンを組むことが出来ます。同様に、教育ローンは子供の進学などのためにローンを組むことが限定されています。中でも利用者が多いのがカーローンです。カーローンは車の購入の際にローンを組むことが出来ます。主な借入先は、銀行や消費者金融等です。中でも審査が厳しいものの低金利でメリットが大きいといわれるマイカーローンは銀行です。

ローンを組むに際しては、カーローン 審査が必要となります。消費者金融を除いてカーローン審査は比較的に厳しく、審査段階で落とされる人も少なくありません。その理由として、車の購入は住宅の購入よりも小学であるため、現金で一括購入する方も多いためです。そのために、カーローン審査は厳しいと言われています。車の販売店で組むことが可能なカーローンは信販系のローンです。このローンについては審査が厳しく、また、完済するまで車の売却ができないので、熟考した上でローンを利用したいものです。審査基準はクレジットカードの審査と同レベルで、返済の見通しが重視されます。信用を確保するために審査基準の把握は欠かせません。